2011年03月24日

夏タイヤ

20110323-L1001628.jpg

雪いつまで降るん?
って感じだが、先週末スタッドレスを夏タイヤに戻した。
久しぶりに履いたノーマル500のホイールはいいね。
イタリアでも500に似合わん社外品履いたのは一台も見なかった。
あらためて思った。イタリア車に、社外ホイールはヤボだなと。
500はさらっと素で乗るのが一番。

っで久しぶりにSportsボタンなんか押して軽快に走ってみた。
アホほど速い。
何が速いってやっぱりプラズマワイヤーやと思う(またそれ?)。
ほんと体感馬力は1.5倍ぐらい。エキゾーストノートも確実に違う。
アバルトにエッセエッセ積んだような感じやな。いやっ、それ以上やろ。
(・・・うそこけ)
なのでアバルトにプラズマワイヤーやったら695トリブート並みやと思う。
しらんけど。
(しらんのけ)

とにかく見た目は普通。中身別物。これ大人チューンの鉄則やね(笑)。

投稿者 Tifo : 13:27 | コメント (0) | トラックバック

2010年12月10日

謎のプラズマワイヤー

20101207puraIMG_2238.jpg

以前500仲間のジャンニさんのブログで知ったプラズマワイヤー。
このタダのヒモが謎のパワーを生み出すって事なんだが、こんな話に調子よく乗るようじゃそりゃ、流行の為替詐欺やオレオレ詐欺に軽く引っかかりそうなレベルだ。
ネットでプラズマワイヤーを検索するもほとんどヒットしない。ようは誰も装着してないって話??
日々、石橋を叩いても丈夫やね〜って渡らないくらいの自分。しかし今回はジャンニさんの話に軽く乗せられた。ま、値段も一万そここそやし、騙されたと思って一本注文した。

発売元っていうか制作元はコレクション。主にAlfaのチューニングが得意な様子。っでものはこのページの中程のPLASMA WIRE。
今はプラズマワイヤαなんて超スペック版もあるらしいが、注文したのはノーマル(?)のプラズマワイヤー13,440円。
この存在を知った3月頃に一度問い合わせたら、丁度材料がないらしく生産できてないとのことだった。では、品物が出来たら連絡ください。ってお願いしていたが、一向に連絡もなくはや年の瀬・・・。何かの拍子で思い出したので再度問い合わせしたら、「あ〜、スイマセン連絡が遅くなりまして。あれからまた進化しまして自信のプラズマワイヤーとなってます。一両日中に用意してお送りできます。」って返事・・・。
ん〜、怪しい・・・。怪しいこと言えばこれ以上怪しいことがないくらい(汗)。っが、電話口の人の対応はなんとも親切丁寧でなんか許してしまう・・・。
ってなわけで先週日曜についに、そのプラズマワイヤーが送られてきた。

取り付けは、いとも簡単。
バッテリーのマイナスとアースに繋ぐだけ。アーシングのようだが、似て非なるものらしい。なにせプラズマ。
ま、念のためメカニックである長男に付けてもらう。
「こんなもんで効果あるんならみんな付けとるわ」って笑いながら取り付ける長男。ま、もっともだ・・・。

20101209puraIMG_2271.jpg

取り付けた勇士がこれ!
燦然と輝く赤いヒモ!!!

はやる気持ちを抑え早速乗り込む。

っで恐る恐る走り出す・・・。
ん???
なんか、変わったか???
今までの感触を思い浮かべながらアクセルを踏む。
ん?

んん?

んんんん?

んんんんんん〜〜〜ん?????!!!!!
違う!
違うぞ!!
おいっ!!!

なんか米粒が立っている!!!

意味不明か・・・。

とにかくトルク感が違う。違いすぎる・・・!

ま、一旦落ち着こう。

1.4 100HPの500の場合、エンジンは完全に高回転型である。それこそ4000回転ぐらいから気持ちのいいエンジン音と共に回り出す。逆に言うと低回転域のトルクの細さは情けないくらいだったりする。
ま、その辺はSPORTボタン(通称ドーピングボタン)ONで低回転域からトルクバリバリで走り出すが、やっぱ、イタリアンは回してナンボ。そんなボタン必要ない!って乗っていた。
っで今回このプラズマワイヤー装着。
まさにドーピングボタンなしで、低回低域からトルクがある。
アクセル踏んだらベチャと潰れていたお米がスッと立ってるといった感じ。
ん〜、わからんかね〜。
とにかくアクセルタッチに気持ちよく反応してくれる。
例えて言うとノーマルモードで50だったものがSPORTボタンで100になるとすると、プラズマワイヤの効果はノーマルで70〜80になったほど印象。なのでこれでSPORTボタンを押した日にゃもうちびりそうなくらい・・・!
ま、あくまで感覚的なもんだが、とにかく低回転域のトルクは格段に上がっている感じがする。
たまにしか乗らないヨメさんも運転してみると、出足が全然違うねっていう。なんか軽くなった気がすると・・・。
ん〜やはりこの感覚は自分だけの思い込みじゃないな〜。
やはり謎だプラズマワイヤー。

この話、長男にするウソや〜って相変わらずニヤついている・・・。
ま、普通に考えると信用できない。

ジャンニさんの話では燃費の向上もあるようだが、自分の場合はもともとそんな踏み込む走りもしないので中々数値的には現れてこないが、以前よりアクセルは軽く踏むようになったかな。

20101203-_DSC0805.jpg

とにかく1万ちょいでこの謎の体感は、話題性も含めて中々のもんですわ。

ってまあ控えめに言ってるが・・・
実は、このヒモ一本で500が別ものになっている・・・。
あんまり言うと人間疑われそうなのでこのくらいで(笑)

投稿者 Tifo : 08:29 | コメント (6) | トラックバック

2010年10月13日

FIAT500オイル交換

丁度15,000km越えたのでオイル交換。
事務所に近いこともあって古巣クリーンオート工場へ。
アルファ時代からお世話になってるKitaくんが応対してくれた。
待ってる間、丁度営業のAkaちゃんがやってきて待ち時間の相手してもらった。
近況や最近のクルマ業界の話などいろいろと。
久しぶりにきたクリーンオートだが、なんか落ち着く。
みんな元気そうだった。よかった。

投稿者 Tifo : 12:19 | コメント (2) | トラックバック

2009年12月24日

FIAT 500ホイール考 その2

f500-ur440.jpg

ドレッシー or レーシー。
ん〜、決められん、弱った・・・。

純正15inchで、この車には16inchくらいまでだろう。
っで16inch想定で選んでいるわけだが、どーもドレスアップになってもヘビー級って言うのがやはり気になる。ま〜、バネ下重量がどうしたこうしたなんて、どうでもいいんじゃ、カッコイイほうがいいに決まってる!な〜んて割り切れたり割り切れなかったり・・・。
なんか支離滅裂だが、スタイルで選ぶのも一つだし、パフォーマンス(?)で選ぶのも一つだろう。

っでウルトラレッジーラだが、昨日合成したのはクリスタルチタンってかなりキラキラシルバーなモデルだが、ガンメタやブラックみたいなのを選ぶって言うのもこれはこれでオトコマエだろう。
そんなことで、ガンメタを装着イメージ作ってみる(ってちゃんと仕事しとんのけ?)
っで並べてみる。

f500-ur600.jpg

f500-35ani600.jpg

ん〜、ありっちゃ〜あり。
どっちがいいって言うより、どっちも有り。
ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
弱ってしまってニャンニャンニャニャン〜〜ニャンニャンにゃニャン。

誰か決めてくれ〜

ちなみに超レーシーなイメージといえばこれ。
アバルト500フェラーリ↓

f500-ab-ferr.jpg

かっこよすぎる!
っで、これのホイールが、ウルトラレッジーラぽいのよね〜。
っでそんなイメージをわがチンクに合わすとこの感じ。

20090623_MG_9369ur.jpg

おお〜〜〜〜、やっぱかっこよいの〜〜〜。
やんちゃざかりの46歳ってカンジ(爆)
ますます弱った〜〜〜〜。

投稿者 Tifo : 21:04 | コメント (10) | トラックバック

2009年12月23日

FIAT 500ホイール考

20091223fW1.jpg

春になったら、こ〜んなホイールにでもかえよっかな〜
(合成イメージ)

クルマは基本いかにもいじり倒してますって感じはいやなんで、なんかほとんどノーマルに見えるけど、ちょっと普通よりイケテナイ?って位がいい。とくにこのチンクの場合、過激なドレスアップはこの小粋な佇まいがぶちこわしになっちゃうんでね〜。
とりあえず、純正ホイールをスタッドレスに回したんで夏用のホイールを物色してるわけです。ん〜、なかなかこれってのがないのよね〜。
っで現在の候補がこれ。OZの35アニバーサリー。うちの滅多に話題に上らないクルマ関係の息子の調べでは11kgほどあるらしい(汗)。重っ!それは見た目いいけど、性能落ちてるやん!ってまず〜いパターン。っで、もう一つの候補がウルトラレッジーラなんだが、なんともそれはレーシーすぎて自分の目指すイメージとやや違う・・・。

実際どんな感じかな〜って画像をいろいろ探してみる。
っでこれが35アニバーサリー。

1__MG_9383cd.jpg

1__MG_9392cd.jpg

これがウルトラレッジーラ。

200912fw-u.jpg

ん〜、どーも実車と違うんでイメージがつかめない。35アニバーサリーはまだしも、ウルトラレッジーラなんて、車は赤だし、ホイールもロッソって、おいっ・・・。

っで力業で合成作業を試みる↓

200912fw1-600px.jpg

ジャジャ〜〜〜ン!
(って上で一回出てるけど・・・。)
お〜〜〜、え〜やん、え〜やん。
クロームにブラックの塗装。細身のフィンタイプで、クラシカルでカッコイイ。
かわいいチンクがいきなりドレッシーに!まさに大人なオレにぴったり!!

っでこれがウルトラレッジーラ↓

200912fw2-600px.jpg

軽量ホイールをうたってるんで(って7kgほどらしいが)、かなりスポーティな印象。
これなら35アニバーサリーと違って掃除もしやすそうだが、どうもデザイン的にホイールが小さく見える。あと、いかにもホイールOZに変えました〜!って感じに。

これがノーマル状態↓

200912fw-n-600px.jpg

1.4 Sportのホイールだが、もちろんといっていいほど500には似合ってる。
Sportってモデルだけに、レーシーなデザインだが、ややかわいすぎるな・・・。

ま、そんなわけで春になったら35アニバーサリー16インチあたりで行こうかな〜。
って軽い妄想・・・。

投稿者 Tifo : 16:12 | コメント (6) | トラックバック

2009年12月11日

スタッドレス履いた

20091211IMG_4185.jpg

純正ホイールを流用して履き替えた。
はっきり言って、格段に乗り心地がよくなった。
ま、スタッドレスって、たいがいしなやかなもんだが、
純正装着のダンロップ・スポーツってタイヤごつごつしすぎ。
もう、春になったらインチアップでもしてコンフォートなタイヤはくかな〜。

ってそんなヨユー無いですけど・・・。

投稿者 Tifo : 15:15 | コメント (0) | トラックバック

2009年07月25日

MT-DRACO with EIBACH[個人的レビュー]

20090725m_MG_9386nh.jpg

FIAT500初の大がかりなカスタマイズ(笑)、MT-DRACOスポーツスプリングwith EIBACH装着。装着後、約一ヶ月が経ち大分馴染んできたようだ。そろそろクルマそのもの馴らしもいい感じになってきて、ワインディングも攻めたりしつつ個人的ながらレビューを少し。
まあ、気に入ったものはベタほめ傾向にありますので(笑)。

20090725m_MG_9283.jpg

装着は、点検に合わせて富山アルファにお願いした。ダウン量は、前後とも20〜25mmとの公表値。これは、他社のものや、それこそアイバッハの500用のものよりダウン量は5〜10mmほど控えめである。その控えめなところも私の選択のポイントになって居るんだが、20〜25mmといえどもかなり印象は変わる。しかも、それは決してローダウンしている印象ではなく、どちらかというとこれが普通でしょうって思えるくらいバランスはいいと思う。
お尻がクッとヒップアップしたその佇まいを残しながら、シュッと重心を下げ、それこそ、軽快スポーツシューズの感じ。こりゃ〜超いけてるんですわ〜。

20090725m_MG_9381nh.jpg

肝心の走りはって言うと、これもノーマルと大きく変わった。もちろん、MT-DRACO号を試乗させてもらって決めたのもあるのだが、最初からかなり好印象である。
大満足のこの500ではあるが、よく言われている乗り心地に関して私も気になっていたポイントである。ホイールベースが短いこともあるので仕方ない部分もある。別に柔らかい足回りであるわけではないように思う。段差をグリグリ乗り越える感じがいやらしかった。これは言葉じゃ表しにくいが、段差を越えてからの揺り戻しや、ヨコへの揺れの対応など、下手すると自分で運転しながらも車酔いしそうな勢いだった。

まず、交換しての第一印象は、固くなったと言うより、それこそ柔らかくなった?って思えるくらいしなやかである。そして、そのグリグリ感は無くなった。段差の乗り越えもタタッ、タタッとクリアしていく感じで何とも気持ちいい。しかも、気になっていた揺り戻し感も少なくなり、いやはや、うそ〜??って思えるくらい上質である。
基本的に社外品は、社外品。多くを期待していなかったのは正直なところだが、ここまで良くなるもんだと思わなかった。決してガチガチではないこのしなやかな乗り味は、これもなんなら標準でこのくらいきて欲しいと思えるくらいである。
もちろん、全てが良くなった訳じゃない。大きな段差へのガツンとくる感じや、大きな揺れを呼ぶ段差なんかでのダイブ感は未だ残る。そのガツンと来る感じは我慢して、もっと固いサスペンションだったらこのダイブの揺れも抑えれるのか?ここはダンパーも合わせていろいろやっていかないと?なんて少ない経験値からいろいろ考えるが、ま〜いろいろ取っ替え引っ替え装着できるものでもないので、追々って感じである。
それより、タイヤ、ホイール、それこそインチアップなどでまた変わるだろうと思う。個人的に、この500に対して15インチはMAXであろうと思っているので、インチアップはしたくないんだが、試乗させてもらったMT-DRACO号は16インチで、もっと、ビシッと地を這うような印象だった。なので今後、16インチくらいまでならインチアップも視野にいれてみたい。

20090725m_MG_9377nh.jpg

さて、やはりお楽しみはワインディングである。
これはもう、断然楽しくなった。そりゃ〜滅多に押すこともないSPORTSボタンを押し、低回転から過激な反応をするアクセルタッチで、重くなったハンドリングと合わせ切れ込み抜群でコーナーを抜けていく。いや〜、こりゃもう超スポーツカーですわ〜(爆)。MT-DRACOのT氏のイメージ通り、低速ではコンフォートで、中高速域ではアイバッハ同等の堅さに持ってきている感じがよく分かる。当然重心が低くなっているので安定はするんだろうが、ハンドリングのキレが凄くいい感じがする。まさに走っていて楽しい。それは、今までのバルケッタや鼻先の軽い147 1.6にまさるとも劣らない楽しさをこのクルマは持ち合わせている。正直ここまで期待していなかったが、走りも両立した大満足なバネである(笑)

20090725m_MG_9291.jpg

ま〜ここまでよくほめるわ〜って感じだが、気に入ったものは褒めちぎりたくなるもんだから仕方ない。しかし、なんと言っても一番の気に入りポイントはこの佇まいである。
昔の面影なんて出す気なんてさらさら無い現行ビックミニと違って、この500は、細部ディテールこそ違え、往年の500の雰囲気をうまく蘇らせたと思う。それが、わずか20mmほどのローダウンに寄ってその佇まいは、ますます2代目500を思い起こさてくれる。
私の知るイタリア車、それこそ愛すべきコンパクトは、アウトビアンキA112しかりデトマソイノチェンティしかり、本当に小さくてカッコよかった。そのカッコよくて小さなイタリアンにまた一歩近づいた感じがする。本当にいつ見ても、どこから見てカッコイイ!もうたまらんですわ〜(笑)。
今回のカスタマイズ、このサスペンションとイタリアンフラッグによってかっこよさはもうぶっちぎりである(笑)
いや〜ほんと、ひさしぶりにクルマに楽しんで乗れている。やはり、イタリアンは楽しい!サイコーだぜ〜!!

20090725m_MG_9375nh.jpg

投稿者 Tifo : 13:58 | コメント (4) | トラックバック

2009年07月16日

ナビもフォーン

20090715naviIMG_0193.gif

ナビソフト導入。ぜんりんの「いつもナビ地図+ルート」1800円なり。
いや、チンクのナビはこれで十分!すばらすぃ〜〜!!
※スクリーンショットはアイフォーンに入っていたアドレスから試しに検索した図。

20090715naviIMG_0195.gif

あいふぉ〜ん使いのオールド・パンダ乗りバクちゃんに聞いてみる。「ナビソフトは何がいいん?」「いつもナビ地図+ルート使ってるよ〜。しょっちゅうナビ使う訳じゃないんで、これで十分!」
そうね〜、1800円なら試しに買ってみる。
いや、これが十分!音声案内こそしないが、道それればリルートもするし、何より行き先を、通常の検索の他アイフォーンに入ってるアドレスブックの住所からもサクッと選べるのは、こりゃアイフォーンならでは!

20090715naviIMG_0196.gif

かなざわ市内某所からこまつ市内某所までたどってみる。コースもいい最短コースを案内し出す。
3枚目の絵は、餃子の王将で餃子中(笑)
わずかに車の方が早いが、ほぼきれいにトレースする。あとはうまくFIAT500に固定できれば、たまの遠出もこれで十分!てなことで500に予定していた、安いポータブルナビ代として3万円ほど見込んでいたが、1800円で済んだ。これで地図の読めない相方とのドライブもケンカすることなく家庭も円満(笑)。アイフォーンの魅力、カメラ2万円。ナビ3万円。もう、キャンペーン値引きをナシにしても、すでに元を取ってしまった事になる(爆)。凄すぎるアイフォーン3GS!!!
iPod Touchでこのデバイスの魅力を知り、こりゃドラえもんのポケットだな〜って思っていたが、3GSは、カメラ、ナビ、そして何よりサックサクが追加されて、そらもうドラえもんのお化けだな〜〜〜〜〜!(意味不明)

投稿者 Tifo : 05:42 | コメント (6) | トラックバック

2009年06月23日

イタリア魂

20090623_MG_9148.jpg

そりゃ必須アイテム。
ついに魂が入ったぜ〜!

少しずつうちの子化していく。
この感じがいいね〜。
バルケッタは、地味にいろいろいじったな〜。
しかし、147はTIといこともあり、ほぼ完結系だったんで、全く触らなかった。
あとやはり、愛する度合いの問題か・・・。
コイツは目に入れても痛くない、かわいいやつなもんで(笑)

投稿者 Tifo : 16:51 | コメント (0) | トラックバック

MT-DRACOスポーツスプリング

20090623_MG_9149.jpg

ザクッと投入。
ダウン量抑え気味だが、印象がガラッと変わった。
ぐっと小ぶりになって、ますますピピリと辛く(笑)。
このくらいの佇まいがいいね。
走りのレビューは、すこし馴染んだ頃にじっくりと・・・。

[7/25追記]
っで馴染んだので、ちょいとレビュー

投稿者 Tifo : 16:46 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月24日

あついMTDRACOのお方

200905241030026.jpg

足回りを落ち着かせたいってことでいろいろ物色していた。
車高調やダンパーまでって話でも無いんで、いろいろ調べてみるアイバッハのバネにサクッと交換した方のブログがあり、読めばかなりの好印象な内容だった。
お〜、こりゃいいなと思っていろいろ調べると、MT-DRACOと言うところからそのアイバッハと共同開発し、セッティングをもう少しコンフォートに振った(勝手なニュアンス)500用スポーツサスペンションを出してるという。車高の落ち具合も控えめで、なんかよさげだなと、ちょっとメールで問い合わせしてみた。
するとなんでも、丁度北陸に出掛ける用事があり、なんでしたら試乗してください。って事になり、いきなり金沢で試乗できることとなった。いや〜なんか驚きの展開!
このMT-DRACO500号、雑誌ティーポなんかにもよく登場していて、そりゃよく存じ上げている車だったりする(笑)。

200905241030024.jpg

ざっと30分ほど試乗させてもらった。
少しスピードが乗った中速域での段差の反応がいい。ちょっとふわっとして腰高な走りが、びたっと落ち着いた印象になる。高速もどうぞと言われたがさすが遠慮した。聞けば高速域ではアイバッハの標準に近いセッティングになってるとのこと。
ま〜細かい印象は、伝えきれないが、とにかくこのTさん。かなり熱い。この方と話していると乗らなくともこれを選ぶだろうと思う(笑)。
歳は私よりかなり上で、以前は某有名メーカーでチューニングパーツを開発されていたとのこと。それこそサーキット走行に向いたパーツなど、開発されていたようで酸いも甘いも知った百戦錬磨の風格である。
今回の500のアフターパーツは特にそんな過激なものではなく、あくまで街乗りと週末にワインディングロードでスポーティな乗り味をといったものを、アイバッハにオーダーし試作してそれなりの距離でテストを重ねたものとのこと。まあ書けばきりがないが、いろいろこだわりの箇所が多く、まさに、すぐこれ下さいって言いたくなるような一品だった。

200905241030029.jpg

あいにくの雨と言うこともあり、うちの事務所に上がってもらいいろいろ話を聞いた。ま、500のパーツ以外にもいろいろ開発予定の話などを延々と・・・(笑)。
MT-DRACOのキャッチフレーズになっている「少年の心を持つ趣味人へ」というまさにそんな方でしたね。

やはり我々のようなオッサンには、ドンピシャはまるいい感じのもん作ってくれてますね。若い設計者だったりするとこんな微妙な仕様は作り上げないかも知れない。なんかいろいろと楽しみな人とお知り合いになった。

とりあえずサスペンションはそう言うことだが、このMT-DRACO号、並行輸入で左ハンドル6速マニュアルなのである。
そりゃ、ガンガン走らせてもらった(笑)。いや〜楽しいわ〜!パワーは同じ100HPだが、6速MTがまた楽しい。想像通りというか、左ハンドルのクラッチは軽く、シフトフィーリングもいい。さすがイタリアンコンパクトハッチは旨い味付けになってるなとあらためて感心した。
うちの車も早々にレッドゾーンまでぶち込める位に馴らしを終えたいぜ〜(笑)

投稿者 Tifo : 12:26 | コメント (2) | トラックバック

2009年05月22日

赤コブラ

20090521_8918.jpg

500のカスタマイズ第一弾、赤コブラです(笑)。

って写真が暗すぎてよくわからんですが。
デュアロジックのシフトノブが、あまりにもゲーム機のコントローラーのようでしょぼかった。購入後はすぐ交換したかった箇所なんでね。

装着したのは155時代につけていたスパルコの赤黒のレザー。購入は10年ほど前なんで、いまは廃盤になってるか?しかし、なんでも取っておくもんですね〜(笑)
本当は球型をつけたいのだが、このデュアロジックのシフトゲートにはなんか、UFOキャッチャーのようになりそうなんで、このグリップ型をつけた。
いや〜、いけてますね〜!
ハンドルのフィアットマークの赤、ハザードスイッチの赤、そしてこのスパルコの赤。いいアクセントになって、スポーティさが増してきましたね〜(笑)。いや〜毎日のシフトチェンジも楽しみです!
って意外とパドルシフトの使用頻度も多いんだけど・・・。

投稿者 Tifo : 09:28 | コメント (4) | トラックバック