« 加賀レン | メイン | 朝走る楽しみ »

2009年09月13日

りくのことう

現代に、こんなことあるんだ...。
夜の12時過ぎ...。
大聖寺駅。

チョキ会合の後、最終の福井行きに乗って帰った。
(最終っていっても10時台、超田舎なJRほくりくせん)
目が覚めたら、「次は〜大聖寺」だった。
あわてて下りた。
駅には誰もいない...。
っで駅前は真っ暗...。
タクシーもいない...。
って財布の中は千円ほどしかない...。
(なんで?追いはぎにあった??)
雨も降ってる...。
傘がない...。
いかな〜くちゃ。君にあいにいかなくちゃ。
って雰囲気でもない...。

戻りの電車時刻を見るが朝5時までない...。
特急、急行も停まらない大聖寺駅...。

いつも、かろうじて小松におりていた。
いつかやるんじゃ無いかと思っていたが...。

ひらあやまりで、家人に迎えに来てもらう...。
す・い・ま・へ・ん........。


教訓。
終電、せめて一本前には乗る。
(ってそりゃ何時だ...)
うっかり寝過ごしても、冷静に特急など停まる大きめの駅におりる。
(そんな冷静なら、小松で降りれるつーの)
って飲んでも早く眠くならないために、朝型の体を夜型にする。
(って自転車の飲み会だし...。ほんまつてんとー)
っていうか、もう飲み歩かない...。
(いっそ、そうしなさい...。)

反省しきりのいい天気の日曜日。

いま15時5分。ようやく、やる気が出てきたので仕事しよ...。

投稿者 Tifo : 2009年09月13日 00:12

コメント

笑っちゃいました。
小松の友達が『きたぐに』で帰っていったことはありますが(笑。

投稿者 こぉせぇ : 2009年09月13日 21:17

うちのBLOGにも書きましたが、それとは別に妻より「小松に着く頃に電話入れるというのは?」とアイデア出しがありました。まあ、電話に出れるくらいなら乗り過ごしたりしないとも思うのですが、一応お伝えしておきます。

投稿者 Bombus : 2009年09月13日 22:02

こぉせぇさん。
あまりにも終電が早いので、まじめに「きたぐに」も考えたことありますが、
たぶん、間違いなく大阪まで送り込まれること間違いナシです!

Bombusさん。
もう、そちらの家族にもご心配いただき申し訳ありません。
電話は、小松駅まで迎えに来てた家人から、何十回と着信がありました。
(ただ、バイブなんで心地いいだけだったか?)
電車は行っても降りてこないので、どこまでいってんろ〜って軽い気持ちで心配していたそうですが、まさか、大聖寺に迎えに来て〜ってオチで・・・。
いや〜、どれだけ反省しても足りません(滝汗)

投稿者 Tifo : 2009年09月14日 09:39

コメントをどうぞ




保存しますか?


※6ケタの数字を入力してください。