« 徐々に強力にナンレン | メイン | あさひ練 »

2009年09月17日

60バリキぽっち

20090910pandaIMG_0829.jpg

iPodケーブルの不具合(?)や、ちょこちょこっとしたことで、500はディーラーに二泊三日で泊まりに行った。
ってそれは先週のことだが・・・。
その間、この現行パンダに乗る機会があった。特に興味もなっかたので試乗もしたこと無かったこのパンダだが、これがまた、よ〜できたクルマだった。思わずフィアットサイトで仕様まで見てしまった(笑)。

500のベースとなったのは、現行パンダである。1.2の500は69馬力だが、このパンダは60馬力。数値的にはそれよりも劣るのだが、はっきり言ってこのエンジン、よく回る!100馬力の500より低回転からトルクがあるんで、街乗りは完全にこっちの方が走りやすい。
よく聞く1.2は非力だから・・・なんてのは、何と比較してなんだろうか。
自分が若かった頃は、このエンジンじゃ非力だと感じたのだろうか??

イタリアでは、免許取り立て一年未満は、運転していいエンジンパワーに制限がある。500 1.2の69馬力はそのリミットであり、あえてその範囲内の出力に抑えている。
当然、イタリアの若葉マーク的若者は69馬力ポッチのクルマで走り回るわけだが、「あ〜、遅せ〜、おもろな〜い」じゃ血気盛んな若者は納得しない。69馬力だろうがなんだろうが、走って楽しいドライビングエッセンス満載で創られてないといかんのです(笑)。
ある意味、これがイタリア車の原点かもしれない。
某国の高馬力、高性能ありきで、乗ってみてもなんにも楽しくないクルマを作ってるお国柄とはあきらかに違う。

このパンダ、さすがに高回転域は伸びないかな。その辺は100PSの500に軍配が上がる。下が細くて高回転指向な100馬力も、やっぱイタリア〜ンだろう(笑)。しかし街乗り重視なら1.2で十分だろう。1.4の500に乗りながらも感じていたことだが、1.2のSportsが日本に入ってくればそっちを買ってたかも知れない。それがMTだったらなお楽しいだろう。
歳のせいか、ほんと速いクルマなんて欲しいとは思わなくなった。非力なクルマを速く走らせる。それもひとつのドライビングの楽しみだと思う。
この女、オレの力でいい女にしてみせる〜!って変人志向か(笑)

な〜んていいながらも、フェラーリエディションのアバルト500は乗ってみたい気もするけど(爆)

※写真はアイフォ〜ンで撮ってColorSplash。なんか外国みたいだ(笑)

投稿者 Tifo : 2009年09月17日 07:37

コメント

実は自分も、最初に現行パンダがデビューしたとき、「こりゃ、ないだろう」と思ってしまったのでした。
あまりにも初代とかけ離れたデザインだったからです。
某●産の研究所でパンダを購入、丸裸にしていたことを思い出しました。

ところが走りや燃費が良いときいて、とたんに気になり始めたりしましたw

投稿者 ジャンニ : 2009年09月17日 12:26

ジャンニさん。
現行パンダの外観は、正直いいと思いません(汗)
名前を充てただけなんで荷が重すぎますが、
リアルパンダのデザインを復活させて、ニューパンダが出るとかなり気になりますね。
中身は全く持ってよくできてると思いますので・・・。

投稿者 Tifo : 2009年09月17日 13:32

この写真サイコ〜〜〜〜

投稿者 k7 : 2009年09月17日 20:42

ガワ、内装が先代と同じで、
パワートレーンが現代のものだったらもちろん買います(笑)

投稿者 baku-g : 2009年09月17日 22:07

k7さん、
イエローのワンカラーええでしょ〜(笑)
あいふぉ〜んでドラマチックな日々が送れますね(笑)

baku-gさん、
それいいですね〜。あと30年ほど待ってみましょう。
するとそういったやつ出てくるかも〜(笑)

投稿者 Tifo : 2009年09月18日 11:45

コメントをどうぞ




保存しますか?


※6ケタの数字を入力してください。