« 迷子練 | メイン | 飲みクラの思い出 »

2009年08月31日

三回目のノリクラ

20090830-L1030347os.jpg

今年も、しんどかったが最後まで登れた。
今回は、隊長不良(爆)&練習不足につき、完全に失うモノしかない参戦だったが、あんまりにもひどいタイムだとカッコ悪いのでなんとか、1時間20分切りは無理としても25分を越えるわけには行かんなと・・・。
しかし、なんといってもノリクラ。山好きサイクリストにとって大事な大会。来年、再来年に向けてしっかり走っておきましょう〜っていうレース参戦記。
しかしま〜、今までで一番しんどかったな。

20090830-L1030349.jpg

昨年滑り込み1時間19分台で、今年はチャンピオンにエントリー。二ヶ月前のつがいけの感じなら、そりゃ15分切りも目指したるわ〜って大ボラな勢いだったが、8月に入ってからなんとも調子が出ない。ま、今年はそんな年だし、あんまり気負わず乗り込んだ。っていうか、もうちょっと気負っとけばよかったかも(爆

今回はチョッキーズ全員、チャンピオンにエントリー。スタートも近く、いつもの感じでアホなことをいいつつ、ついに号砲は鳴った!

さすが、チャンピオンクラス。もうロードレース並みに一気にダッシュしていく。自分はクリート拾うのにかなり手間取る。顔上げたときには、すでには周りは洪水のように自分を追い抜いていく。
そりゃ〜、抜かれる抜かれる。お〜〜〜〜〜い、どんだけ抜かれるんじゃ〜〜〜ってくらい抜かれる。「なんじゃこりゃ〜〜〜〜っ!」もう優作ばりの叫び声がでる。

ウォームアップから、かなり調子の悪い感じを受けていたが、これだけ周りに先を行かれると、気は急くが、自分はまったく足が回らない。おまけに、心拍はさほど上がってないが、もーゼーゼー状態。もう気分は地獄の三丁目。なんか、パンクでもしてDNFにならんかな〜って思うくらいだった。
しかし、しばらくすると洪水も大分収まる。ちょっと後ろ振り返ると、まだ、いくらも選手はいる。ま〜、最後尾ではないようだ(大汗)。相変わらず抜いていく選手はいるが、徐々に脚の近い選手がそろってくる。しばらくして、スーパー・ウキョーが抜いていった。有名選手なんで前の方に陣取っているもんだと思っていたが、かなり後方からスタートしてたんだな。緩めの上りをダンシングでガンガン進んでいった。お〜、かっこえ〜な〜。

そうこうしてるうちにCP1。タイムは21分ほど。ん??なんか言うほど悪いタイムじゃない。昨年は22分くらいだったように思う。こりゃ20分切れるんじゃないけ?ってまたええ加減な事を考えていたが、自分にとってやはりCP2までの激坂区間が毎年タイムを落とす弱い区間。案の定、かなりきつくなってきた。
今年はオールニューのEX-Cだが、アクティブの時と違い、ギアの運びなどまったくつかめない。悪いクセでなんか重めのギアを踏んでしまってたように思う。この辺はやはり試走でも来れていたら良かったんだろうが・・・。

冷泉小屋をこえたが、相変わらずCP2までがまた遠い。どうにか到着したときには57分。激遅〜〜〜!
昨年より2分遅れ。もう20分切りの淡い期待もふっとんだ。こりゃこの後の森林限界区間はタイム見ていると、へこんで垂れる一方だろうとメータを距離表示に切り替え、一歩一歩突き進むことにする。この森林限界区間もチョーキツイ。激坂箇所は、もうよれよれよじ登る感じだ・・・。垂れてなるか〜って思うが、まったく脚が動かない・・・。最後の直線、ずっと近くを走っていたなるしまジャージの選手がスパートをかけて抜いていった。自分も最後の力を振り絞った。
ピピッ!ピピッ!とゴールラインを通過。は〜、やっと終わったぜ〜。時計に目をやると、1時間20分30秒ほどだった。
お〜、なんだかんだでやるやんけ〜。
あれだけ不良爆発で、正直25分越えも覚悟していたが、そうはずかしくないタイム。もちろん僅かなことでも20分切りは出来なかったし、大手を触れるタイムではないが、今の自分としては十分だった。ゴール通過後、なるしまの選手が声をかけてきた。一緒に苦しみ抜いた選手同士言葉を交わす。やっぱりいいもんだ。

20090830-L1030362.jpg

ゴール後K7副隊長を発見。声をかける。自己新更新とのこと。すばらしい!今回、レース中、背中を見ることは一度もなかったな(笑)。やはり、しっかり走ってる人はちゃんと結果は出るな。
あこがれの同年代オッサンのmwcJさんは、タイムを落としたようだが17分台。やはりさすが。
チョッキーズエースT2くんも発見。タイムは6分台とのこと。さすが我らがエース!チョッキーズの夢を背負ってぶっちぎってくれてる!

20090830-L1030357cho.jpg

最後にチョッキーズで記念写真。なんだかんだ言ってもいいひとときだ。
毎回、ヒルクライムスタート前はテンション下がりまくりだが、走ってしまえばどんな結果でも達成感はある。今回もようがんばった。タイムは決して満足いくものではないが来年に向けて一つの記録としていい結果だと思う。
やはりオッサンサイクリストにとってノリクラはいいところだ。今年もありがとう。

明日は、充実のノリクラ遠征エピソード編で。

投稿者 Tifo : 2009年08月31日 20:07

コメント

お疲れどん。でも楽しかったね。自分はさらにくやしさもブレンドしてすばらしいおもひでになりました。またお願いします。♪♪♪

投稿者 mwcjacky : 2009年08月31日 22:51

mwcjさん、今回も、ありがとうございました。
来年は、あのハミングペダリングをマスターして、
タイムアップ目指しますよ!
また、よろしくお願いします!

投稿者 Tifo@iPhone : 2009年09月01日 08:00

コメントをどうぞ




保存しますか?


※6ケタの数字を入力してください。