« こうれい親族練 | メイン | これも久々トンデモ »

2009年08月15日

2.5倍の長持ち

20090814ene_95562.jpg

エネループ試してみる。
大容量KBC-L2Sと中容量KBC-L3Sがある。
なるべく持ち物は軽量化したいのでKB-L3S買ってみる。

ネットで調べるとなんか、KBC-L3Sは充電力が弱くて(?)、バッテリー残が半分以上ないと充電できないとか、いや出来るとか、いろいろ出てたので恐る恐るアマゾンで買ってみる。
とりあえず試したところ、アイフォーン残り20%以下からでも充電開始する。そして、RunKeeper起動中も充電できる。ようはGPS拾いながらも充電は容量増えるのでOKでしょう。もちろん全て机の上でのテスト。熱を持ったらどうなるとかいろんな条件試してないので何とも言えないが、使えるんでしょう。このエネループ、容量的にはアイフォーンのフル充電1回半ほど充電できるらしいので、コレがあれば2.5回分のバッテリー容量ってことになる。Runkeeperの実績からすると満充電で3時間走行で残り20%ほどになる。なので、ま〜これで一日は持つかなと。本当はもっとスマートな装着タイプがいいけど容量が弱いものが多い。
とりあえず、なんでも社外品使用は自己責任ですが。

投稿者 Tifo : 2009年08月15日 18:11

コメント

まずは人柱ありがとうございます:)
林檎はやっぱり今も昔もバッテリーで悩まされますね。
私もエネループ行こうかな。でも、人柱になるために装着型も行こうかしらん。
RunKeeperfree走らせながら、Bluetoothで音楽聞いていたら、さらに大変なことになるでしょうね。
ところで、犀鶴線は私も上りましたが、きついけれど高度の上昇感、内川への絶景で路面のきれいな下り、虫の少なさがとても気に入りました。やっぱ、上り返すと嫌いになるんじゃないですか;)もちろん、イクモほどの絶景はないですしね。内川から鶴来へ抜ける風吹林道を使えば、のぼりは穏やかで快適な山道ループを楽しめますよ。今度ご案内します。

投稿者 k7 : 2009年08月17日 05:46

エネループは、性能とコストパフォーマンス高いですね。
とりあえず、ぴったり装着タイプも物色中です(笑)

そう、サイカク線はさすがに行ってリターンは苦行でした(大汗)
ぜひその快適山岳ループ教えてください!ってもしかしてT2くんと走ったコースかも・・・、もう全然忘れてます。
とりあえず、話まとまらないので作戦会議しますか(笑)

投稿者 Tifo : 2009年08月17日 08:24

コメントをどうぞ




保存しますか?


※6ケタの数字を入力してください。