« サイカク線 | メイン | いしかわにディーラーが »

2009年05月24日

あついMTDRACOのお方

200905241030026.jpg

足回りを落ち着かせたいってことでいろいろ物色していた。
車高調やダンパーまでって話でも無いんで、いろいろ調べてみるアイバッハのバネにサクッと交換した方のブログがあり、読めばかなりの好印象な内容だった。
お〜、こりゃいいなと思っていろいろ調べると、MT-DRACOと言うところからそのアイバッハと共同開発し、セッティングをもう少しコンフォートに振った(勝手なニュアンス)500用スポーツサスペンションを出してるという。車高の落ち具合も控えめで、なんかよさげだなと、ちょっとメールで問い合わせしてみた。
するとなんでも、丁度北陸に出掛ける用事があり、なんでしたら試乗してください。って事になり、いきなり金沢で試乗できることとなった。いや〜なんか驚きの展開!
このMT-DRACO500号、雑誌ティーポなんかにもよく登場していて、そりゃよく存じ上げている車だったりする(笑)。

200905241030024.jpg

ざっと30分ほど試乗させてもらった。
少しスピードが乗った中速域での段差の反応がいい。ちょっとふわっとして腰高な走りが、びたっと落ち着いた印象になる。高速もどうぞと言われたがさすが遠慮した。聞けば高速域ではアイバッハの標準に近いセッティングになってるとのこと。
ま〜細かい印象は、伝えきれないが、とにかくこのTさん。かなり熱い。この方と話していると乗らなくともこれを選ぶだろうと思う(笑)。
歳は私よりかなり上で、以前は某有名メーカーでチューニングパーツを開発されていたとのこと。それこそサーキット走行に向いたパーツなど、開発されていたようで酸いも甘いも知った百戦錬磨の風格である。
今回の500のアフターパーツは特にそんな過激なものではなく、あくまで街乗りと週末にワインディングロードでスポーティな乗り味をといったものを、アイバッハにオーダーし試作してそれなりの距離でテストを重ねたものとのこと。まあ書けばきりがないが、いろいろこだわりの箇所が多く、まさに、すぐこれ下さいって言いたくなるような一品だった。

200905241030029.jpg

あいにくの雨と言うこともあり、うちの事務所に上がってもらいいろいろ話を聞いた。ま、500のパーツ以外にもいろいろ開発予定の話などを延々と・・・(笑)。
MT-DRACOのキャッチフレーズになっている「少年の心を持つ趣味人へ」というまさにそんな方でしたね。

やはり我々のようなオッサンには、ドンピシャはまるいい感じのもん作ってくれてますね。若い設計者だったりするとこんな微妙な仕様は作り上げないかも知れない。なんかいろいろと楽しみな人とお知り合いになった。

とりあえずサスペンションはそう言うことだが、このMT-DRACO号、並行輸入で左ハンドル6速マニュアルなのである。
そりゃ、ガンガン走らせてもらった(笑)。いや〜楽しいわ〜!パワーは同じ100HPだが、6速MTがまた楽しい。想像通りというか、左ハンドルのクラッチは軽く、シフトフィーリングもいい。さすがイタリアンコンパクトハッチは旨い味付けになってるなとあらためて感心した。
うちの車も早々にレッドゾーンまでぶち込める位に馴らしを終えたいぜ〜(笑)

投稿者 Tifo : 2009年05月24日 12:26

コメント

基本はショックとセット交換ですが、純正のショックとマッチングをきちんと考えられたスプリングなら良さそうですねー。ましてやまだ新品みたいなモンですもんね。アイバッハのものは自分も使ったことがあります(自分は直巻のものですが)かなり印象良かったのでおすすめです。自分も現在足回り検討中です。しかしパーツが無くて往生してます(^^;)

投稿者 しん : 2009年05月24日 16:34

やはりバネだけというのは、正直どうかなと思ってましたが、
かなりの走行テストも繰り返してのモノのようで、
中々いい仕上がりになってますね。
こんな試乗出来る機会は本当にありがたかったです。
500はこれからいろいろ出てきそうで、選り取りみどりです(笑)

投稿者 TAKARSHI@iPodtouch : 2009年05月24日 17:25

コメントをどうぞ




保存しますか?


※6ケタの数字を入力してください。