« クランク長くなった | メイン | サドル調整可能に! »

2008年07月28日

CD投入

20080725CD_MG_7275.jpg

コナさん、たにクンと回ったジロデプチ白馬。緩めの坂ではそこそこ行けるのだが、10%越えるとギシギシ踏み踏みになる自分を尻目に、スッスッ、スッスッと登っていくお二人。
ん〜やっぱコンパクトドライブは必須か・・・。
っで50/34のCD投入。インナーで一段半ほど軽いギアが選べる。アウターでも一段ほどもないので、これは悩むことなくとっとと導入すべきだったかなと。
ついでに、クランクを長くしたんだが、これが超違和感・・・。大体身長の10分の1というが、人それぞれ。当然足の長さも違うしね〜(汗)。テコの原理で長くなれば力強く前に進むが、長いものを回すので脚力も居るのか?ってテコの原理なので、少ない力でよく回せていいものなのか?なんか理屈と体感では相違が・・・。昨日走った感じだと、脚力が居るのか軽めのギアを選ぶ。軽めのギアを選ぶのでケイデンスが上がる。ケイデンスが上がるので心拍もあがり年寄りには辛い・・・。ついでに円周が大きくなるので足の運動量は大きい???
ん〜、自分に合ったセッティングってなかなか難しいね。もっとみんなの話聞いて投入すべきだったか・・・。とりあえず2.5mm長くなってペダルが下がる分、サドルも調整したいのだが、以前からねじがバカになっていて調整できず・・・(汗)。
PS.ついでにチェーン交換も必要で、デュラ投入。ブレーキパッドに続いてデュラ使用は2パーツ目(笑)。

投稿者 Tifo : 2008年07月28日 07:45

コメント

車輪の影がいい味出してますね〜。私は2年ほど前から170mm=>165mmにしました。回せる感を試したかったのと短めの日本人にはちょうど良かろうとの思いつきです。回せる感は実感したものの、てこの原理の恩恵が薄れてしまってダッシュが聞かなくなったようなきが・・・。ハーフサイズのある次期DURAではコンパクトも投入されるそうですから微妙なタッチを試したいところですが、手間費用とも簡単に変えられるものでは無いので悩みどころですね。

投稿者 matta : 2008年07月28日 17:15

CD、素直に導入できましたか〜〜?:)
私は、クランク長170→172.5→(気に入っていたけど)170と戻って、今は172.5で落ち着いています。
違和感はサドルのセッティングで解消できるんじゃないかな〜〜〜。バカになったねじを何とかするペーストみたいなのもホームセンターにありますよ。あるいは森さんに何とかしてもらいましょう。

投稿者 kona : 2008年07月28日 17:41

mattaさん。
160mmとは、また短いですね・・・。昨日mwcjackeyさんも、回せる感を選んで今は170mmだそうです。ん〜、やはり人それぞれ・・・?

konaさん。
CDは、伝授頂いた有無を言わせぬ戦法で投入しました(笑)。
コナさんは巡り巡って172.5mmですか。体格も近いのでコナさんに習って体を合わせていこうかな(笑)。
とりあえずサドルを何とかしなければってもう丸岡ですね・・・。

投稿者 TAKARSHI : 2008年07月28日 17:59

170mmを基準として、「俺は平地野郎だ!ケイデンス命ぃ〜」という方は165mmを。事実ピストは一般的に(ロードの170mmに相当するのが)165mmです。反対に「坂道はトルクでのぼるぞー!ランス何するものゾ!」という方は175mmでガンガン踏みましょう。ちなみに自分はクロタン号170mm。ピストと通勤TT号は165mm(通勤TT号はCD)です〜それなりに理由はありますが、ここでは割愛。ちなみにMTBは170mmよりも175mmのモデルのほうが多いらしいです。ロードと較べて低いケイデンスでのぼる機会が多いからだそうです。で、実感としてのぼりは長いクランクが楽。ただ廻し倒すんな短めの方がいいと思っています。最後になりましたが、何よりも大切なのはフィーリングです。Takarshiさんがビビッと来るほうが、きっと正解です。支離滅裂なコメントでゴメンナサイ。もうちょっと真面目な(というかまともな)ことは、今度顔を合わせたときにでも。

投稿者 Bombus : 2008年07月30日 00:29

Bombusさん、ありがとうございます。
やはりみんなの話を総合すると、クランク長めは登りに効果的って事ですね。っていうと今回は正解か!?っでやはり言えることは、本人のフィーリング第一がすべての答えのようですね。また、会ったときいろいろ教えてください。ってもう丸岡・・・(笑)

投稿者 TAKARSHI : 2008年07月30日 08:37

コメントをどうぞ




保存しますか?


※6ケタの数字を入力してください。