« 最大数の朝練 | メイン | 500峠 »

2008年05月31日

500への旅「福井編」

20080531f5001.jpg

この車の扱いも大分慣れてきたな〜(爆)。
ま、楽しみついでに今度は福井へ。
試乗も含めカラーもいろいろ見れて、なかなか充実の500への旅。

20080531f5004.jpg

なんかどこのディーラーも試乗車は、お決まりの白。
どうもイメージカラーで押しているのは分かるが、この明るい内装と合わせて、個人的に好みでない・・・。っで福井には展示車でモッドブルーという濃いめの青が置いてあった。

この福井のお店は、自分のalfa147を引いてもらった先。その時の担当だった、営業の方も居ていろいろ話を聞いた。

20080531f5005.jpg

やはり人気色は圧倒的に白。ついで、この水色だそうだ。
ん〜、チンクと言えばこんなライトブルーもありだね〜。って思いながらも黒はどうなんですか?って聞くと、「いや〜、わざわざオーダーしない限り入ってこない色ですね・・・」。

20080531f5002.jpg

っていいながら、たまたま入ってきた黒の1.2があるって言うのでで見せてもらった。お〜、やっぱり渋いな〜。目鼻がはっきりしてよかです。同じ車でも、色でこれだけ印象を変えるんだ〜って、色に悩む性分としてはますます悩みどころ。

そうこうしてるうちに出払っていた1.4 100hpの試乗車も戻ってきて早速運転させてもらう。営業担当の方も、すでに馴染みなんで同行することもなく、しばらく走ってきてくださいって言ってくれた。これは気遣いなくいろいろ試せるな〜。

20080531f5003.jpg

っで、もう一歩踏み込んだレビュー。相変わらずSPORTボタンを押した100hpはビンビン走る。しかし、足回りはもう一つばたつき感を感じる。これはそのうちローダウン化も視野かな・・・。あと諸誌で割と評判のデュアロジックだが、相変わらずしっくりこない。これは慣れも必要。多分望んでもマニュアルは500アバルトだけのものになるだろうし・・・。ともかく、二回目ともなるといろいろ見えてくるものもある。ま、もともと試乗なんて所詮試乗である。実際自分のものにならないと乗りこなしたりは出来ない。そういった意味でこの二回の試乗は500の素性を充分知ることが出来て大満足。

乗り終えて、営業担当の方と話しながらあらためて500を見ると、やっぱり白がいいかな〜(笑)。
これで内装が黒だとキリっと引き締まって、OZの激辛ホールなんか履くと充分おとこっぽいかも。こんな車だとバルケッタ以来、なんか、いろいろ遊びがいもあってなんか楽しみですね〜。
丁度お客さんの車で白でガンガンカスタマイズ施した500が置いてあった。やはり、この福井のお店ってかなりイタリア血糖値が高い。来るお客さん、集まる車がお互いに刺激されて、ホントイタ車好きにはいい環境だな・・・。

20080531f5006.jpg

駐車場にはPanda 100が止まっていた。しかも3台。お客さんの車だろう。実際現車を目にしたのは初めて。いや〜これまたいいな〜(笑)。これならちゃんと自転車載るな(爆)。しかし、なんかイタ車不毛の地、石川が悲しく感じてきた。

20080531f5007.jpg

帰りはお決まりのそばを食って帰ってきた。充実の500への旅。楽しかった。
っで今日のお色は白で・・・。

投稿者 Tifo : 2008年05月31日 22:53

コメント

コメントをどうぞ




保存しますか?


※6ケタの数字を入力してください。