« 鈴鹿4H耐久無事完走! | メイン | 鈴鹿4H耐久・超分析 »

2007年11月05日

4時間24周報告

71105suzuka1.jpg

初鈴鹿、初エンデューロ。未経験者はなんの戦略もなくただ力の限り走り、残り0分となるまで回し続けた。
その初陣報告。つらつらと、ほい。って超長文。

深夜2時45分。Bombusさん運転するトンデモカーに小松で拾っていただき鈴鹿に向かう。トンデモからは、Bombusさん、Tyokuさん、たにくんと自分の4人。朝6時頃、鈴鹿サーキット到着。いや〜、来た来た。十数年前、何度かF-1見に来て以来。懐かしい〜。

71105suzuka2.jpg

バイクをおろし、準備もそこそこで、初コースって事もありTyokuさんに付き合ってもらい試走に出掛ける。
いや〜、初鈴鹿、初サーキット。うおぉ〜シケインだ〜。おおおっー130R。スプーン!ヘアピン!デグナーだ〜〜〜っ!S字、第1第2コーナーだ〜〜!げげ〜〜〜っ!ホームストレートだ〜〜〜〜っ!もう、感動の嵐。観客席目線ではなく、コースから観客席を見上げる。ほっとんどこの試走で充分満足してしまった(笑)。

車のところに戻り、4時間に向けドリンクなどを装備。Bombusさんはスタート前方位置をキープすべく、早めにコースに向かう。Tyokuさんと最後の用をたしにトイレに。ここで、まっきぃさんにばったり(笑)。
まっきぃさん情報では、特急列車、準急列車などバリエーションでコントロールしてくれるプロ選手がいるらしい。なるほど、それにうまく乗れればいいんですな〜。さてコースに向かい、Bombusさんが陣取っているスタート前方アタリまでだましだまし寄っていく(笑)。その前方にはKONAさんもしっかり陣取っている。そしてプリンスロードこぉせぇさんともごあいさつ。

さ〜スタート!
最初はみんなのアドバイス通り、行けるところまで先頭集団についていく。しかし、この広いサーキットをこの大型集団が怒濤の如く走っていく。これはなんとも凄まじい光景。130Rすぎの登りで集団はぐっと縮まる。大きな集団でブレーキ&ゴーが繰り返され、徐々に尻込みし、ジリジリと下がっているとこぉせぇさんにかわされる。おおっ!ここはなんとしてもと、こぉせぇさんに着いていく。さすがこぉせぇさん、ヘアピンの入りもうまく合図しながら回っていく。やはり鈴鹿経験者!こぉせぇさんの背中を追いながら走っていく。Tyokuさんとともに、二周目、三周目と周回を重ねるごとに徐々に集団もばらけて走りやすくなってきた。すでの先頭集団は影も形も見えないが、コースも大体分かって、自分のペースも大体安定してきた。

しばらくしてバイクのクラクションとともに8時間の先頭集団、その後4時間の先頭集団とやってくる。続けて、プロ選手の引っ張る小集団がくる。いいペースなので乗ってみる。おおっ!?これが、まっきぃさんが言ってた準急列車?これが、なんとも自分の足にもあっていて気持ちよく周回を重ねることができた。

この列車で5,6周ほど走っただろうか?前方に一周おくれるTyokuさん発見。「この集団いいペースですよ」と声をかける。実は、そんな余裕でもない。この集団から下ろされると、まだ先も長いし厳しいなと思いつつ、頑張ってしがみつく。落ちかける選手も出てきて、たまに前が空いたりするので回り込んで間を埋めたりする。徐々に足にくる。しばらく周回を重ねシケインに差し掛かったところ、この集団ここはみんなダンシングするので、ずっとシッティングで回していたが、自分も気分を変えてダンシングしてみる。
これが、間違い。
「ピキッ!」
右足が攣った。
完全に攣って回せないので、左手を挙げて合図しながらなんとかコース脇に倒れ込む。なんとか左足はビンディングを外したが右足は攣ったままなのでそのまま倒れた。シューズを脱いで外す。く〜っ、いいペースだっただけに悔しい。
攣りが収まるまでしばらくじっとする。すこし回復したのですぐ走り出す。こんなところでタイムロスはしたくない。足は、まだピクピクするがそんなこと言ってられない。時間でまだ2時間以上あったと思う。
走りながら回復してきたので、少しペースを上げる。4、5人の足の合う集団がくるとすっと乗って一緒に走る。上り下りでペースが違ってきても、ここは無理は出来ない。今にも攣りそうな状態。千切れればまた一人で走り、別の足の合う人を見つける。しばらくして、スプーンを過ぎたあたりで本日二度目の攣りに見舞われる。
また、手で合図しながらコース脇に。今度はどうにか両足をビンディングから外せたかが、そのまま芝生に倒れ込む。
しばらく横たわり収まるのを待つ。
ん〜、折角稼いだ周回がもったいない。回復の後すぐ走り出す。あと1時間ちょっとあっただろうか。もう攣って止まりたくない。なんとか無理な負荷をかけずにだましだまし回す。
しかし、すでに足を止めても攣りそうな気配も感じる。無理せず緩めず、なおかつ目標周回に向かってなんとか回し続ける。この頃から本当にエンデューロの辛さを感じる。どれだけロング走ってもこんな攣ることはない。それだけ負荷もかかってるんだろうが、なんとも自分の力不足を感じる。

2時間ぐらいからおしりが痛かった。日頃練習でもこんな痛みはないが、これもエンデューロ。すべて自分にとって未知の世界。レーススピードとまでは言わないまでもかなりの付加で周回している。そりゃいろんなところから悲鳴を上げ出す。

あと1時間ぐらいから周回の締めを考え出す。一周10分くらいで走れば、25周いけそうな計算が出た。いや無理無理〜。
もうあとは攣らずに走りきる事しか考えられない。攣って止まってタイムロスだけは避けたい。もうだましだまし回す。ピクピクくるが攣ってしまわない限り回し続ける。途中、KONAさん、Bombusさんが声をかけて颯爽と抜いていった。Bombusさんには、なんとも情けない声で応えた気がした(汗)。さすが、この終盤でもやっぱりちゃいますわ〜って思った。

時間は、4時間に向け徐々に減っていく。このまま攣らずにゴールできれば24周行けると思えるところまで来た。最後6分ほどを残して23周を回りきった。やったー、あとはゴールするのみ。ヘアピン手前あたりだっただろうか、4時間終了の合図が鳴った。

もう最後、限界ぎりぎりまで回した。S字から、第2、第1コーナーは下りジェットコースター状態。ホームストレートを最後の力を振り絞ってゴーールーーッ!!

ゴール後のエリアにBombusさんがいた。その後Tyokuさん、たにくん、KONAさん、まっきぃさん。みんな次々ゴールして集まってきた。
いや〜、お疲れ様〜〜〜っ!
話を聞くと、みんな攣ったらしい。口々に辛かった〜。
そうか、みんな辛いんだ。みんな自分の力を出し切るべく4時間走る。
これがエンデューロ。
あ〜やったね〜、こうだったね〜ってお互いのがんばりをたたえ合った。

71105suzuka3.jpg

(お疲れ様、無事ゴールできましたのショット)

最初、目標22周といったらKONAさんに、そんなの緩いって渇を入れられた(笑)。
Bombusさんはじめ、みんなのアドバイスから最低23周。調子に乗って24周を目標にした。その24周走れた。ようがんばったもんです。それなりにゆるむこなく最後まで力出し切って走れた。

71105suzuka6.jpg

みんなと談笑した後、車に戻り着替えをすませ、ショップテントなど見て回った。

71105suzuka4.jpg

71105suzuka5.jpg

8時間の人はまだ走ってる。実は走りながら、8時間のゼッケンの人をみながら、考えられんなと思っていた(汗)。
自分の風呂に入りたいという要望に、サーキットホテルのクアハウスに寄ってもらった。風邪引いてるたにくん達には待っていただいた。

71105suzuka7.jpg

帰り、ジャスコにて黒ごま担々麺を食べた。いや〜頑張った後なんでホントうまかった。

この日も落車を何度も見かけた。一緒に走った仲間が誰もケガせず帰れるって当たり前のようで一番の喜びだと感じた。本当によかった。
走っていたときは本当に辛く、もう見るのも嫌になった鈴鹿のコースだが、このエントリを書きながら、徐々に来年もって気にはなってきた(笑)。
やっぱ、自転車って恐ろしいやみつきモンですな。

投稿者 Tifo : 2007年11月05日 15:38

コメント

がんばった後の思い出は、心にしみる映画のように、思い出すたびに味がでます。特に鈴鹿耐久は、それぞれが4時間の超大作ドラマを作りながら走っているので、それはそれは感動モンです。自分は今年で4本そろいました。takahashiサンも来年2本目いかが?

投稿者 Bombus [TypeKey Profile Page] : 2007年11月06日 00:20

Bombusさん、道中、レースともお世話になりました。
また、感動的なコメントもありがとうございます。
来年も、行きますか〜!早くも舟に乗ってしまいそうです(笑)。

投稿者 t2design [TypeKey Profile Page] : 2007年11月06日 08:32

はい、来年も決定ですね(^^)
たぶん来年も「終わった直後はもういいや」って言われるかもしれませんが、また出たくなる。そんな大会です。
魅力的でしょ?

投稿者 たに : 2007年11月07日 23:19

お疲れさまでした。
来年はどうしようかなと思ったのが正直なところなんですが、やはり今年のリベンジをしなければいけませんね。
乗鞍、鈴鹿とtakahashiさんの記録が目標です。
練習会ではしつこく後くっついて行くかもしれませんが嫌がらないでね。

投稿者 tyoku [TypeKey Profile Page] : 2007年11月08日 07:57

たにくん。
いや〜、締めくくりにふさわしいハードな大会ですね〜!
とりあえず、来年は来年で、調子を見て(笑)。
って行くんだろうな〜(笑)。

Tyokuさん。
今年は結構調子よかったので、若干成績良かったですが、
中ノ峠はショートカットするし、Tyokuさんの精神力にはまだまだ追いつけません(笑)。
また、来年、自分もTyokuさん目標にやっていきます。

投稿者 t2design [TypeKey Profile Page] : 2007年11月08日 08:39

刺激されました。
来年はチャレンジします。

投稿者 shimizu : 2007年11月08日 22:27

shimizuさんも行きますか!
コースは思ったよりアップダウンがあり気持ちよく周回できます(最初だけ(笑)。
shimizuさんに結構合ってる大会のような気がしますよ。
ぜひ来年は一緒に行きましょう!!

投稿者 t2design [TypeKey Profile Page] : 2007年11月09日 09:41

コメントをどうぞ




保存しますか?


※6ケタの数字を入力してください。