« 2006年07月 | メイン | 2006年09月 »

2006年08月26日

プチ山岳練習

608262.jpg

GF糸魚川に向け、ちょっと峠メインで練習してみる。
この日は、自宅を出発し、国府、ハニベ、中ノ峠から、光谷越を通り小松に戻る。
水芭蕉のショートカットコースから、粟津に抜ける途中の道から「観音水」まで登ることに。
「観音水」までは二度、苔の里のところから登ったが、
こんなところにデカデカと看板があるってことは、どうもこっちが正規ルートなのか。

608261.jpg

まず、中ノ峠を越え鳥越一向一揆の里でで水分補強。
何気なく自販機に向かって走り込んだら、強烈な視線を感じた。
その直後それはまた、なんとも心和ましてくれるんです。
「ごくろうさま、やすんでってね」って、いうんです。
さすがに缶コーヒーを飲む気にはなれんのですが、
思わず写真撮ってしまった。
あ〜ここまでがんばってきて良かった〜、ってはじまったばっかだが。

ここから光谷越を逆流。ややキツイ箇所もあるがいずれも短く大したことはない。
その後、水芭蕉の群生地ショートカットコースをすぎ、苔の園、そして「観音水」までの入口に到着。
ここは先日発見したのだが、普通はここから入るようだ。
「観音水」まで5.3km。張り切って登っていく。
とりあえず登りは登りだが結構下りの箇所もある。
なんだかんだで、苔の園からの道と合流。
やや拍子抜け。そのまま、「観音水」に到着。

608263.jpg

今日もポリタンク持参で水汲みの列。
右に並ぶポリタンクの山は、このおじさんの物ではなく、順番待っている別のおばちゃんのもの。
おじさんが、「水飲むんなら先に飲みな」って親切に譲ってくれた。
この「観音水」の水、今日に限ってか、なんともしょぼい水量で、
このポリタンクいっぱいになるまで汲むとしたら何時間かかるのだろう。
多分、おばちゃんは、順番待ちの人なんてお構いなし、
涼しい顔して汲み続けるのだろう。おそるべし・・・。

そのまま赤瀬ダム方面に降りる道に出て、家まで帰る。
この日約67km。山岳練習とはいえやや物足りなかった。
やはりGF糸魚川に向け、もう少し腹一杯になるコースを模索しなければ。

とりあえず、今日の収穫は、やっぱり伊東美咲。自転車っていいですね〜。
ってたまにうちのヨメさん、ダンナの素行調査に当ブログ及び本店ブログをチェックしてるらしい。
まった、なにやってんだこのオヤジってところでしょう。

投稿者 Tifo : 12:43 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月24日

「グランフォンド糸魚川」申し込み

グランフォンド糸魚川の120kmに申し込んだ。
上り区間の標高合計が2000mとかなりの難関コース。上っては下って、また上ってと、食いきれないらいの峠の連続のようなので、ちょっと心して挑まなければ。そんなに峠は嫌いじゃない方だが、どれだけ嫌になるまで続くのか・・・。

投稿者 Tifo : 15:31 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月21日

年に一回はプール

60820pool.jpg

トンデモの練習の午後は、庭の芝刈りしてプール遊び。
すでに親と遊んでくれるのもこいつくらいのもん。
この愛娘も11才。
夏バテでぐったりしてたけど、やはり水を見ると
別人のようにはしゃぎまっくて。
って別人でなく別犬(ベツケン)?
やっぱ日差しとビールは最高ですな。

投稿者 Tifo : 10:08 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月20日

クラブランで大杉へ

60820akaze.jpg

先週の初クラブランで、辛いながらも結構楽しかったので、
今週もクラブランに合流しようと、
時間を見ながら小松軽海の休憩所に向かう。
付いて暫くで皆さん到着。
続々到着のクラブランの皆さんの顔ぶれ見ながら、
まった、えらいところに来てしまった!?って不安が・・・。

Bombusさんたちは来週の鈴鹿に向け、すでに早朝より練習を終えてのクラブランの様子。
来週の乗鞍組も居るだが、この日は大杉までって事なので軽く調整か・・・。
とか何とか言いながら、赤瀬のダムに向かうあたりにはペースも上がっていき、
ダムまでのアタックが始まる・・・
後方からみんなグングン抜いていく。
とりあえず、行けるところまで付いていく。
丁度路線バスが来て、その後ろに付く、これがいい風よけに。
登り直線ではきのりさんの背中を見ながら、じりじりと差がひらくもののなんとか登り切る。

そのあと、大杉青年の家まで、ゆっくりペースで登り休憩。

60820osugi.jpg

さて下り。またしてもゆっくりペースから、
赤瀬ダムあたりからスピード走行に。ここは付いていかないとってことで
必死でついていく。ローテーションもクラブランのペースなので、
正直先頭を引いた瞬間終わってしまうこともあり得るので、後方から付いていく。
Bombosさんの後ろで二番手になったとき、
Bombosさん一枚のうしろは辛かった。ペースも速いし、
ここで自分がちぎれるとまずいので何とか付いていく。
っで行きがかり上、先頭に立ってしまった。
すぐに交代するも、もう一杯一杯。ローテーションの最後尾にも付けず、
じりじりと集団から離れる。しばらくして街中に入ってくる。
ここはペースが落ちるの追いつくなと思った瞬間、たにさんの落車を目にする。
ここはクランク状になっていて結構減速が必要。
ちょっと合図の掛け違いがあってか、たにさんが落車することに。

大事には至らなかったようだが、生身の体で車なみのスピードで走っているということを
あらためて思い知らされる。
そのあとはゆっくり帰りましょうってことで、ハニベ経由、
和気のあたりで皆さんと別れる。

今日はいろいろあったが、あらためてクラブランの練習、辛いけど楽しい。
走るごとに力も付いていくような気もする。
クラブランの皆さんの顔と名前も少しずつわかってきた。
また、ぜひ参加したい。

投稿者 Tifo : 16:46 | コメント (4) | トラックバック

2006年08月13日

五百峠@初クラブラン

60813obon.jpg

この日は朝7時集合でトンデモ・ツーリングがあるので、
自走でCSKAGAに向かう。
ガソリン高騰のおり、通勤も自転車にしてる人が多い中、
自転車漕ぐために、車で集合場所向かうなんておかしいやろ〜!
って意気込む。

実はトンデモツーリングに参加の予定が、
クラブランとツーリングに別れることになり、
っで雰囲気的に、自分はクラブランに付いていくことに...。

思い起こせば、トンデモの練習にはじめて参加したのが、昨年の8月14日
あの日も軽海の道の駅から、五百峠を越えて大日に向かうコースだった。
その練習会の一年後にまた五百峠に行くとは・・・。

60813obon2.jpg

正直、トンデモの練習でクラブランとツーリングの合同などで
クラブランの強者たちと走ったことはあるものの、
まんまクラブランに混ざって練習したのは初めてである。

実際、走っているコースなどは大きく違わないものの、
やはりスピードが違う。いきなり先端大ののぼりで、異次元のスピードで抜いていく。
五百峠に向かう尾小屋の道も、いつもと大分ペースが違う。

実際、自分が先頭に立つこともないので、付いていくメインだと
風の抵抗もなく、しんどいなりにもついて行ける。
ま、登りは桁違いの早さなんで無理ですが・・・。

初クラブラン参加だったが、なんかしんどいけど良かった。

あと久しぶりに帰省中のKATSUMIさんと走れた。
少し話しできて、また、何かとやる気をもらった気がする。

この日、自走含めて104km

投稿者 Tifo : 21:27 | コメント (12)

2006年08月12日

自主練で発見、たまご売り

60812jishu.jpg

先端大まわり〜の、中ノ峠いき〜の、
大日周回コースのぼり〜の、っでいつもは通り過ぎるのだが、
たまご売ってるんだそうです。
この日約60km。
PS.練習メインの装備カメラは au W41CAで充分です。

投稿者 Tifo : 21:23 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月09日

やっぱり自転車はいいもんですな...

丸岡ロードも終えて数日経った。
出場したクラブの皆さんのブログなどでレースレポートが書かれているが、それぞれに熱い戦いぶりで、自分の記念レース的なものが恥ずかしいくらいである。とりあえず、この年になってスタートに立ったという思い。

数日経つと、今度はああしようとか、こうしよう。
それ以前に本番前にどう練習して、どう力を付けようなんていろいろ考え出してきた。
昨日も50kmほど先端大周回コースを走ったが、3週間前とは全然スピードは違う。
やはり、走った分だけ力が付くというのが自転車で、まだまだ緩いレベルの自分なんだろう。

っで、なんかいろいろ欲しくなってきた。
1.心拍数のわかるメーター。
いろんな本などによると効率のいい練習が出来るようで、クラブのみんなも結構使ってる様子。
値段もピンキリなんで、どのくらいのものがいいんだろう・・・
2.なんかカッコイイホイール。
とりあえずカッコからはいるのが信条なんで、今はいているSHIMANOがどうも安っぽい。
MAVICとかがいいんだが、赤いColnagoには黒いホイールが似合いそうなんで、どうなんだろう。

やっぱり、自転車って言うのは結構物欲を刺激して、
おまけに健康にもよくて言うこと無しですな。
レースに出て上の目標も出来て結構面白さが加速してきたか...

投稿者 Tifo : 08:54 | コメント (4) | トラックバック

2006年08月07日

丸岡グリーンロードレース

60806maruoka3.jpg

行ってきましたよ〜、丸岡。
その雰囲気や、参加選手の顔つきといい、
実業団の試合もあるという、やっぱり想像以上にマジな大会でした。
そして、炎天下のサイクルロードレース。
僅か27kmがこんなにしんどいものとは...

60806maruoka2.jpg

ま、ここまで来ると場違いも笑えるので、さほど緊張もなかったか。
初レースで知らないことだらけで、たにさんにツール缶はもとより自転車のライトやらなにやら外される。
軽量化、軽量化。ツーリングでなく試合なんでもちろんなところ。
レース集合場所に向かう途中、実業団のゴールスプリントを目にする。
おっそろしい勢いである。はじめてトップレベルの走りを間近で見た。これには思わず感動した。

出場したシニアAクラスは、トンデモクラブから7人ものエントリー。
さて自転車の場所取りで、トンデモのこしむらさんに釣られてえらい前の列に並べさせてもらう。
そしてスタート地点に向かう。ややバクバク気味か・・・。
中田さんと一緒に移動し、4列目ほどからのスタート位置を確保。
ここは先頭集団を引っ張る位置なんでしょうが、ま、今日のところは無礼講で。
さて緊張のスタート。サイクルメータのストップウォッチをリセットし準備万端。号砲は打ち鳴らされた。

最初の目標は何処まで集団に付いていくかではあるが。これが、やはり想像通りかなりのハイペース。
コーナーや、土砂崩れで一車線になる箇所でスロー&ゴーが繰り返され、これが結構疲労を呼ぶ。
スノーシェードあたりで、もう一杯一杯になりトンデモのみんなのジャージも小さくなっていく。
そうこうしてるしてるうちにあっという間に集団からは取り残される。早っ!
後ろを見ると集団にはならない延びきった列のみ。ここから登りで、いきなりスピードも落ちる。
忘れていた暑さが一気に押し寄せてきてトンネルまでの忍耐力勝負が始まる。
ふとストップウォッチに目をやると、なんと00のまま。
ボタン押し忘れ。なんだかんだで緊張のスタートだったんだろ。
何はともあれ、トンネルまではと、エッホエッホと登る。集団から後れた選手を数人抜いただろうか。
とトンネル手前の12km地点あたりで3分後スタートのシニアBの先頭集団がやってくる。先導バイクとともに一気に抜かれる。
しばらくしてトンネルが見える。よし、あとは下りだ。
トンネル内も、出来るだけ漕いだ。そして下り。練習会で3回走っているので、カーブもわかっている。
前方に6人ほどの固まりが見える。追いつくものの抜けそうで抜けないスピード。
安全優先でとりあえず付いていき、平地でその集団とローテーション。
このあたりからいろんな色のゼッケンが混ざってくる。
自分もその中の一人だが、誰がどのクラスだかわからないが、抜いたり抜かれたり。
なるべく数人の固まりで走れればよかったが、一人で走る時間が長かった。
最後の曽々木の登りには一気に駆け上がる力は残ってなかった。
そしてゴールまでの直線。前後にはシニアAのゼッケンも見えないので、
自分なりに最後の力で踏ん張り、笑顔でゴール〜。無事完走できた。

結果、タイムは49分01秒86。
普通にレースと見ればダメダメではあるが、
とりあえず自分なりの目標にしていた50分を着ることが出来た。
トップとの差で10分以内を目指していたので、タイム差8分14秒はまずまず。
順位からすると下から数えた方がはるかに早いが、それを含めてこれが現在の実力。

全力を出し切るレースというものは、ツーリング目的のサイクルイベントとは違い、かなりしんどかった。
しかし、なんといっても結果が数字でるというのがレース。なんともうれしい。
ぜひ来年も出場したい。そのためにはこれまで以上の練習も必要だが、いい目標も出来た。

60806maruoka.jpg

正直、自分以外トンデモクラブからのエントリーのみなさんは優勝を目指す強者揃い。
その人達と練習させてもらっていることで、自分の力も何倍にもなっている。
今年もチャンピョンクラスや、自分のエントリーしたシニアAなど、たくさんの入賞者がでた。
いつもなにげに話してるたにさんなんかはヤングミドルクラスで6位入賞。すばらしい。
そんなトンデモの練習にまた参加させてもらい、いつかは上位を狙えるようになりたいものである。

とりあえず、初レース。しんどかったけど、おもしろかった。

投稿者 Tifo : 08:37 | コメント (4) | トラックバック

2006年08月04日

身の程知らずの丸岡参戦...の前々日

丸岡のレース本番も明後日に迫った。
そろそろ体調整えるべきなのか、よくわかってないが、
とりあえず今日は「ツインフィールド周回コース(勝手に付けた名前)」
約28kmを走って最後の調整にした。

割とイベント前には下調べをするたちで、昨年のリザルトや
トンデモクラブの先輩達の参戦記など目を通してみると、
いかに今回の参戦が無謀であることを知らされる。
レース初参加なので攻略法なんて全くなし。
あるのは、しんどくてもガンバレと言い聞かせる自分への言葉のみか...。

スタート直後はいい場所取りで大混雑が予想される。
肩も触れあうなんていう集団走行も慣れてない。
かといって避けてるとズルズル下がっていくのはまずいんでしょう...
素人なりに考えつくのは、出来る限り、がんばって集団について行けて、
その後、残る力を振り絞りゴールまで漕ぎまくるかというガムシャラ戦法のみ。
ってそんなガムシャラが出来る年でもなく...

トンデモクラブでエントリーしてるので、なんとか恥ずかしくない結果を目指したいところ。

投稿者 Tifo : 16:42 | コメント (4) | トラックバック

2006年08月01日

後輪タイヤに亀裂

とりあえず、丸岡に向けCOLNAGOを洗車して気がついた。
後輪タイヤ側面に亀裂が入っている。石かなんかを踏んづけたのか...。
正直このままレースって言うのも不安。
とりあえず、サイクルショップ加賀に行って相談。

ん〜、タイヤの減り方からするとまだ交換時期ではないけど、このまま丸岡っていうはやばそうなので、
もう思いきって後輪だけタイヤを変えることに。
(って後輪だけってことは、そんな思いきれてない・・・)
履いてるタイヤは、限定だったのですでにラインナップにはない。
なので標準ラインナップの重さも同じVALIANT EV2を購入。折角なので練習がてらお店で交換させてもらった。

ついでに少し見てもらうと、後輪ブレーキが渋いので、ブレーキワイヤー交換してもらうことに。
これが意外と効果的。おまけに各部ワイヤーをグリースアップしてもらったら、
なんかギアチェンジなんかもい〜感じに。
やっぱりシロートなんで、たまにショップで見てもらうといいもんですね。
とりあえず丸岡に向けCOLNAGOは調整できたかな。

投稿者 Tifo : 15:50 | コメント (2) | トラックバック