« 内灘ロードレース観戦 | メイン | ワールドカップ イタリア優勝 »

2006年06月28日

これもひとつのdays with Italian

delpiero.jpg

ワールドカップドイツ大会も決勝トーナメントが盛り上がってる。
以前から言ってるんですが、自分はイタリア人である。
ってうそです。
ま、それはさておき、なんと言っても愛すべきは、デルピエロである。
まだまだ全盛期の動きにほど遠いが、
一分でも長くそのプレイを見たいのです。

投稿者 Tifo : 2006年06月28日 09:33

コメント

days with Italian
の根本的なことをここで聞くのはどうかなと思ったりもしますが聞いちゃお。
TAKAHASHIがItalianに魅かれる理由はなんでしょう?(^^)

投稿者 たに : 2006年06月29日 20:30

たにさん。こんにちは。
素できかれると、マジメにシンプルな答えが浮かばない・・・(笑)。
やっぱり、陽気なラテンの血ですかね。
造形となれば美しく色っぽくなくてはいけない血。
早いのなら徹底的に早くないといけないフェラーリ的な血。
・・・なんか、語り出すときりがない〜
こんど、イメージをまとめてエントリーしますね。
それより、マジメに自転車漕がなければ、って雨降ってきた。

投稿者 TAKAHASHI : 2006年06月30日 08:25

確かにBarchettaの艶かしい流麗なデザインには、写真でもうっとりしてしまいます。
イメージのエントリ、楽しみにしてますね〜

先のコメント、敬称が抜けてました。すいません。

投稿者 たに : 2006年07月01日 00:31

たにさん。Barchettaは、ノー天気なオープンって感じですね。
走って気持ちよく、楽しければOKってところ。
ドライビンググローブをはめて、姿勢を正し運転します!ってゲルマン風ののりではなく、
ヨコにオネエチャンでも乗せて、ヒザに手をやりながら、笑顔で乗るって感じですね。
こういうところがひとつのイタリアンかな。

投稿者 TAKAHASHI : 2006年07月01日 13:04

コメントをどうぞ




保存しますか?


※6ケタの数字を入力してください。