« 2005年09月 | メイン | 2005年11月 »

2005年10月21日

秋晴れに五百峠

500toge.jpg

年内の目標として、五百峠と牛ヶ首峠を休まず上ることがあった。
秋晴れで天気も良かったので、ちょいと五百峠チャレンジをしてきた。

前回、夏に雨の中トンデモクラブで上ったのが最初だったけど
この峠は前半がややきつく、中盤手前のこの箇所がまっすぐに伸びて、
疲れも出てきたところで辛く感じる。
ここを乗り切ると、あとはダラダラと坂が続くだけなので、
スピードを上げようと思わなければ、淡々と登り切れる。

写真のトンネルを抜けたあたりが見晴らしも良く、秋晴れで気持ちよかった。
とりあえず丸山まで行って、そのまま五百峠を下ってきた。
こうやってみると、五百峠より阿手尾小屋線の方が、
前半ゆるく後半にきつくなるので辛いような気がする。

その日、その日で体調も違うし、前の印象との比較もあるので、
意外とその都度、感じ方は違うけど。

あと牛ヶ首峠は11月30日まで工事らしいので、
年内行くことがあるかな...

投稿者 Tifo : 12:16 | コメント (10) | トラックバック

2005年10月18日

ようやくしっくり来たタイヤ

domona_center.jpg

その道には、その道の当たり前の常識がある。
それって意外と気にする方なんです...。

タイヤを交換してから、何かが引っかかっていた。
そうロゴの位置がおかしかった。
先日のトンデモ・ツーリングで何気なく教えてもらった。
ロゴはバルブのセンターに合わせるものらしい。
早速、戻って合わせ直し。
お〜、これだこれ!
いや〜もんが無くなり落ち着いた気がした。

投稿者 Tifo : 13:07 | コメント (3) | トラックバック

2005年10月10日

七人の侍+自分

samurai_noboru.JPG

昨日のトンデモツーリングに引き続き、体育の日なので、
今日もツーリングに参加しようと、サイクルショップ加賀に集合。
昨日の今日なのでさすがに人数も少なく、自分を入れて8人。
先ずは、先端大を通り軽海の休憩所まで。
しかし、これがいつもになく強烈なハイスピード。

こんな調子で大丈夫なんだろうかという心配をしながらも、
次に、赤瀬に向かいぐるっと回って戻ってくるとのこと。
日用町、苔の園に着いたあたりで、ここからこの山登るとどこ行くんだろう?
水飲み場まで行くんだろうって想像しながらも、結局行くことになる。
どんな坂だろうが、ドコまで続くのだろうがお構いなし。
七人の侍は登りはじめる。

たまに下りはあるものの、急な坂も含めつづら折りの山道を延々登る。
っで何とか頂上付近に到着。

samurai_kyukei.JPG

その後、水飲み場まで行き、この上に山頂の那谷に寺の宿舎があり、景色もいいよ。
行ったことのない人は登ってきたらって言葉にだまされ、
また、2kmほど登ることに。
これが、坂と言うよりも壁。

samurai_sancho.JPG

山頂からの眺めはいいのか悪いのか、登った疲れですでに判断能力無し...。

さあ、帰りましょうって山道を駆け下り、先ず軽海まで戻る。
また、この道中向かい風で、ゆっくり行きましょうという言葉はなんだったのか、
もうこっちはヒーヒー状態。
その後、中ノ峠を通り鳥越の道の駅まで来る。
こんなしんどい思いをした中ノ峠もはじめて。でもあとはお店に戻るだけ。
しかしすでに脚力は全く残っておらず、集団からも外れ向かい風を受け続け、
どうにかお店まで到着。
いや〜、今日はトンデモ・ツーリングだったのか、
参加以来、一番きつかった。

戻って仕事する予定だったけど、未だに手を付けられていない。

投稿者 Tifo : 17:37 | コメント (4) | トラックバック

2005年10月09日

秋晴れのとんでも・ツーリング

nakanotouge_goko.JPG

今日もトンデモツーリングで、鳥越周辺を回るルートだったので、
自走で鳥越まで行き、合流を目指す。
秋晴れの朝。
中ノ峠での木漏れ日が美しく、思わず降りてスナップ。

dainichi_0510091.JPG

朝は、さすがに肌寒かったけど、大日ダム休憩所までくるこの頃には、
非常に気持ちのいい、サイクリング日和(笑)。

dainichi_0510091.JPG

帰りは、五百峠を下り、軽海まで前回Bombusさんに教えてもらったドラフティング走行を、集団で実戦。
5,6人の中で走っていると、考えられないスピードに乗る。

戻って、スピードメータを見るとMAX 69.2km/hの表示!
思わずヨメさんに自慢してしまった...(笑)

投稿者 Tifo : 18:56 | コメント (4) | トラックバック