« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月24日

完全通行止め 牛ヶ首峠

ushikubikoji.JPG

トンデモクラブBombusさんの掲示板での「走りましょう」の言葉に、
鳥越別宮での合流を目指し朝7時に家を出た。
なんだかんだで鳥越別宮を過ぎたあたりで拾って頂き、
ご一緒させてもらった。
緩い登りを結構なペースで登っていくBombusさんに食いつきながら
(って徐々に背中は小さくなっていくが・・・)
大日ダムで休憩後、牛ヶ首峠に向かう。

峠を下る入口に通行止めの看板。
行けるとこまで行きましょうってことになり、
調子よく降りていった先に、この写真様子。
まさに完全通行止め。

「ん〜、引き返しましょう〜」って事になり、
思わぬところから牛ヶ首峠チャレンジがスタートすることになる。
一番キツイって思ってた坂のあたりは7〜8km/hにはなったけど、
それ以外は、結構気持ちよく登れた。
もちろん、Bombusさんが一緒って言うのもあったけど、
やはり、ここでも力が付いて来てるのかってうれしく思った。

帰りは五百峠を下り、
その後、ドラフティングやローテーションでの走行方法も教えてもらった。
いや〜、また、ひとつ成長した気がした。

投稿者 Tifo : 14:30 | コメント (6) | トラックバック

2005年09月20日

ツールドのと2005

tourdenoto2005.JPG

昨年に引き続き、今年もツールドのとの一日コースに参加。
今回はBarchettaのラ船協から、埼玉、長野、九州と、
遠路はるばる参加って事で、
便乗してラ船協の日本海オフ開催にもなった。
その模様は、こちら

やはり今年は、便乗オフで、遠路応援(?)かつ宴会を楽しみに、
やってきてる人も多く、一日コース参戦後もぐったりってわけに行かないので、
トンデモツーリングや、小松周辺峠越えで、本番に備えてきた。(笑)
その甲斐あってか、非常に気持ちよく走ることが出来た。
最後の円山峠も、今までになく緩やかに感じた。
もちろん、ある程度のスピードで登ろうとすると全く違うと思うけど。
最後は、トンデモクラブのたにぐちさんや、塚本さんとも走れて、
いや〜、楽しかった。

来年出ることがあれば、ぜひ2日目のコースを走ってみたい。

投稿者 Tifo : 15:00 | コメント (10) | トラックバック

2005年09月10日

先端大の裏坂

sentandai_urazaka.JPG

丁度ほぼ一年前、「ツールドのと」を目前に控え、
最後の練習ってことで、知らずに訪れた先端大。
小松からは、和気を通ってこちらの方から登るのです。
まっすぐに延びるこの坂は、自分の中で壁になっていた。

よく先端大周辺は、練習コースにみんな走ってるってことで
その日は始めていったけど、一気には登れなかった。
その日まで地味ながら練習してたんだが、途中で足を着いてしまうという始末。
その後、COLNAGOを手に入れた自分は、これで登れる!っとばかり再度挑戦。
しかし前より手前で足を着いてしまうという結果....。

それ以来、ちょっと行く気がしなかったが、
ここ最近のトンデモクラブでの練習や、尾小屋周辺の峠越えで
以前のオレでは無い〜!っとばかり、今日、再度挑戦してきた。

和気からは、ゆるーい坂が続き、最後にこの坂にたどり着く。
さほどそこまでは飛ばさず、最後の坂で力を振り絞った。
早い段階で25Tを使うことになったけど、
結果、思ったほど辛くなく登り切ることが出来た。
「ふぅ〜」
自分の中で、激坂イメージが膨らんでいたけど、
長い峠越えなどから見るとすでにたいしたものではないのかも知れない。
一つクリアした気分で、なんか、うれしかった。

投稿者 Tifo : 15:04 | コメント (8) | トラックバック

2005年09月09日

Panaracer Valiant / Domina-Vacanze Team Spec

今度のツールドのとに備え、タイヤを変えてみる。
Panaracer / Extreme Valiant Domina-Vacanze Team Spec
現在履いていたのは、Vittoria / ZAFFIROで、
COLNAGO購入時のままである。
完成車に付いているタイヤなんて言うのは、大体安物だとのこと。
ちょっと、何がいいかいろいろ調べて見たら、このタイヤに遭遇。

Panaracer Valiantは耐久性や、転がりとグリップが高次元でバランスしているなどと評判。
っで、Domina-Vacanze Team Specなどというとチームモデルは、
グリップ、耐久性などそれぞれの性能がアップして、限定仕様らしい。
っで、Domina-Vacanze Teamとはなんぞやと調べたら、
おお〜っ!COLNAGOがチーム車両!!
やっぱ、これやろ〜ってことで、今回も形から入るという信条にピッタリ。

早速、走ってみて、やっぱり違うな〜。
しなやかで、ロス無くスムーズに走ってくれてるって感じかな...。
って、さほどよく解ってない。
とりあえず、このタイヤにてしばらく安泰かな。

っで、このタイヤの交換に大変苦労した話しは、長くなるのでやめておく。
以前乗ってた自転車は、チューブラで、 クリンチャーは今回が初めて。
パンクに備えて、チューブとボンベ、タイヤレバーを所持して今まで走っていたけど、
練習中にパンクしても経験が無かったら、変えれるものではなかった。
とりあえず、二本交換したのでちょっとは慣れたかな。

投稿者 Tifo : 15:44 | コメント (6) | トラックバック

2005年09月04日

光谷越ってなんかかっこいい

hikaridanikyukei.jpg

一週間前の土曜に、尾小屋周辺峠制覇の一環で
走行した布橋出合線の光谷越
個人的には、どこまで続くか分からない未知の坂より、
走ったことがあり、
どこまで頑張ればいいか分かってる坂の方が走りやすい。

今日は、トンデモクラブの練習できて、みんなと走ったって事もあり、
一週間前に走ったときより、短く感じた。
中盤のやや急な坂で、一番軽いギアに。
25Tで時速10km程度のスピードで、ギュ〜ギュ〜って漕ぐ。
ふ〜しんどいな〜。
ってそこに、クルッケルッって追い抜いていく人が。
あとで聞くと27Tらしい。

軽いギアで、高回転で登っていくのと、
ヒーヒー言いながら登っていくのと、どっちが良いのか分からないけど、
やはり、牛ヶ首峠の中盤の急な上りは、
現在の自分の足+25Tでは登れないような...。

とりあえず、今ついてるのはSHIMANO105の標準(?)の歯数なので、
これで漕げるようになれれば、いいということなのか?
そういえば、先端大の坂なんかも、春先より1段重いので上れるようにはなっている。

投稿者 Tifo : 13:00 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月03日

最後の峠

ateogoya.JPG

小松市在住ってことで、
尾小屋周辺の道を一通り、走っておかないとって、
今年に入って牛ヶ首峠から始まり、
この日、阿手尾小屋線を走ってともかく全ての道を目にした。

この阿手尾小屋線は、結構小松の人たちの練習コースらしいのだが、
初めて走ったけどさすがにハード。
多少下りもあるのが救いだけど、結構長い。
鳥越からトンデモクラブの練習で登って来たことのある道に合流してほっとした。

dainichikyukei.JPG

大日ダムの休憩所にてひと休みの後、
牛ヶ首峠から、小松に下る。
牛ヶ首峠は下ってみてあらためてわかったけど、怖いくらい急な坂。

尾小屋周辺では、牛ヶ首峠が一番キツイかな・・・。

一通り走ったけど、牛ヶ首峠五百峠は、
どちらも一度、足を着いてしまっている。
とりあえず、今シーズン終えるまでに、足を着かずに上れるようにならねば。

投稿者 Tifo : 12:35 | コメント (6) | トラックバック